美味しい干物の焼き方
パンクズリスト

山田水産 TOP >> お客様情報 >> 美味しい干物の食べ方


身を7割、皮3割焼き、旨味を閉じ込める

 身を7割、皮3割焼き、旨味を閉じ込める

ここでは山田水産がお勧める、美味しい干物の焼き方やおいしい干物の見分け方をお教えします。あくまで当社の経験上の話しではございますが、参考にして頂ければと思います。


焼き網をしっかり熱しておきます。

 焼き網をしっかり熱しておきます。

身の方から中火〜弱火でじっくり焼いて下さい。焼き色がついたら身がバラバラにならないようにひっくり返して下さい。
皮の方は焦げ目がつくぐらい焼いて下さい。
※ 味噌漬けや味醂干はすぐに焦げてしまうので弱火でじっくり焼き上げて下さい。


↓

身の方から7割焼き上げます。

 身の方から7割焼き上げます。
身の方から7割焼き上げます。
解凍されている
干物の場合:中火
   
凍っている
干物の場合:弱火

↓

仕上げに3割皮を焼きます。

 仕上げに3割皮を焼きます。
仕上げに3割皮を焼きます。

身の方が7割焼けましたら、裏返して皮の方を3割焼き上げて下さい。皮を焼くことで旨味を閉じ込めます。3割焼き上がりましたらあとは美味しく召し上がるだけです。


干物の豆知識

旨い干物の簡単な見分け方

 旨い干物の簡単な見分け方
旨い干物の簡単な見分け方

(1)の腹の周りが白くなっていますが、これは脂がのっている証拠です。 しかしこの腹周りの脂は干物では当たり前です!更に美味しい干物は(2)のように背中周り(白い部分)にも脂がのっており、口に入れる旨味たっぷりの脂が口の中に広がりとてもとジューシーで、美味しいです。


(1)の拡大写真 (2)の拡大写真

 あとは肉厚なものを選び、色の良いもの(鮮度)を選んで

あとは肉厚なものを選び、色の良いもの(鮮度)を選んでいただければ、きっと美味しい干物のはずです!


5つのリンク
鯵 金目鯛 エボダイ 厳選セット その他

お問い合わせ

pagetop

アクセス解析用コード